/

この記事は会員限定です

米大統領報道官に就任 カリーン・ジャンピエール氏

政権の顔、多様性を体現

[有料会員限定]

「私は黒人で、同性愛者で、移民の女性だ。この3つ全てが、この役職では初めてになる」。対外的な顔である米大統領報道官として最初の定例記者会見で、自身が体現する政権の多様性と歴史的意義を強調した。

カリブ海にあるフランスの島でハイチ人の両親の間に生まれ、幼少期に移住したニューヨークで育った。父はタクシー運転手、母は在宅介護の仕事をしていた。回想録では、親の意向で医学校を目指したが挫折し自殺を試みたこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン