/

この記事は会員限定です

「鈴木」姓発祥の地 屋敷復元

和歌山・海南 聖地で上棟式

[有料会員限定]

全国的に多い「鈴木」姓が発祥した聖地として知られる和歌山県海南市の国史跡「鈴木屋敷」の上棟式がこのほど実施された。老朽化した屋敷の復元に向けた建て替え工事で屋敷の骨組みが完成。今後は内装や庭園の工事を進め、2023年3月の完成を目指す。

鈴木屋敷は、藤白神社の敷地内にある木造平屋。上棟式には関係者ら約60人が出席し、屋根の中心となる棟木が打ち込まれる様子を見守った。屋敷の発展を祈願する儀式も行わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン