/

この記事は会員限定です

国産ジェット エース投入

三菱航空機開発、人員は半減 認証取得へ注力

[有料会員限定]

三菱重工業が進める国産初のジェット旅客機「スペースジェット」(SJ)の開発が1日、新体制に移る。これまでの外国人主体の開発をやめ、日本人のエース技術者を登用して国からの認証の取得など商用化に向けた追い込みを急ぐ。ただ開発人員が半減するなど、日の丸ジェットのフライト実現に向けた環境は厳しいままだ。

「型式証明の取得に向けて引き続きご協力をお願いします」。東京・霞が関で一人の男性が関係省庁をあいさつ行脚していた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン