/

この記事は会員限定です

首相「為替の安定重要」 単独インタビュー

来年G7、広島開催有力 中国軍拡「強い懸念」

[有料会員限定]

岸田文雄首相は20日、首相官邸で日本経済新聞との単独インタビューに答えた。円安・ドル高基調が続く円相場について「急速な変化はどういった立場でも好ましくはない」と述べた。各国の通貨当局と「緊密な意思疎通をはかっていくことは大事だ」と語り、為替の安定が重要との認識を示した。(関連記事総合2総合3面に

円相場は9日に一時1ドル=131円台と20年ぶりの円安・ドル高水準になった。首相は「円安の影響も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン