国内系ベーシック、積水化学の農薬卸買収 M&A加速狙う

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内投資ファンドのベーシック・キャピタル・マネジメント(東京・中央)は積水化学工業の農薬・肥料卸事業を買収する。同事業は九州地方で高いシェアを持つものの、グループの主力事業でないため投資が遅れていた。ベーシックの支援で経営効率化や同業他社のM&A(合併・買収)を進め、競争力を高める。

買収するのは積水化学の子会社、積水ヒノマル(熊本市)の農薬卸事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]