路線価 栃木で首位交代 再開発がけん引
LRT整備、宇都宮駅東13%急伸 茨城・群馬も駅前上昇

2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

関東信越国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。栃木県では記録の残る1989年以降で初めて最高路線価地点が交代し、次世代型路面電車(LRT)や大型複合施設の整備が進むJR宇都宮駅東側の地点が駅西側の中心市街地に代わって首位に立った。茨城、群馬の両県でも地価上昇は駅前再開発の進む地域に集中した。

栃木で最高路線価1位となったのは、駅東口駅前ロータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]