名古屋の再開発、見直しも 中京大学客員教授 内田俊宏氏

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「足元はコロナ禍に伴う出張自粛などで東海道新幹線の利用客が落ち込んでいる。需要の回復には3年近くかかるとみているが、2027年以降のリニア中央新幹線の開業までに往来は活発になっているだろう。JR東海も収益が出ているうちに、早期にリニア事業を軌道に乗せたいはずだ」

「27年開業が延期になれば、中部経済全体への影響は避けられない。名古屋駅、栄地区といった名古屋の都心部や沿線各駅周辺の再開発で規模縮小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]