山梨県求人倍率、1.02倍に低下

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

山梨労働局が30日発表した5月の山梨県内の有効求人倍率(季節調整値)は前月に比べ0.09ポイント下がり1.02倍となった。1.1倍を下回るのは2016年3月(1.08倍)以来4年2カ月ぶり。低下は5カ月連続となった。月間の有効求職者数(同)が1万2092人と前月比0.2%減った一方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]