文化往来歌舞伎や能でも配信広がる

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

歌舞伎や能の世界で動画配信が増えている。これら歴史ある舞台芸術には「上演は一期一会」という考え方が根強く、ユーチューブなどで同じ舞台を繰り返し見てもらうことに消極的な演者も少なくない。しかし新型コロナウイルスによる公演中止を受けて、中堅以下の世代が、配信に本腰を入れ始めた。

松竹は松本幸四郎主演の図夢歌舞伎「忠臣蔵」の有料生配信を始めた。「図夢」は「ZOOM」を漢字にした言葉。オンライン専用作品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]