岡山理大、養殖ウナギを中元に

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

岡山理科大学(岡山市)は独自の人工飼育水で育てたウナギの加工品を天満屋と商品化した。工学部の山本俊政准教授らが真水にナトリウム、カリウムなどを混ぜて2006年に開発した「好適環境水」を使用。平均で全長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]