大学研究者「プロ」でも活躍
漫画家・歌人・お笑い芸人 違う視点楽しみ2つの夢を追う

2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ホログラフィーを研究する教授が漫画の原作を作り、細胞生物学の研究者が和歌を詠む――。専門分野が細分化し高度になった現代で、大学の職務を果たしながら全く違う分野でもプロとして活躍するのは大変だ。しかし当人たちは肩肘張らず自然体で"二足のわらじ"を履きこなしている。

千葉大学の伊藤智義教授はレーザーを使って立体画像を映し出す技術、ホログラフィーの第一人者だ。と同時に、漫画の原作者としても長く活躍して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]