/

この記事は会員限定です

指導的な役割担う人材育成 男性と女性幹部の協働が有効

東京大学教授 山口慎太郎

[有料会員限定]

女性の活躍は社会の様々な場面で進んでいるが、指導的な役割を担う女性はまだまだ少ない。女性国会議員は14.3%にとどまるし、上場企業における女性役員はもっと少なく、7.4%にすぎない。

重責を担えるような女性人材は一朝一夕には育たない。若手段階で抜てきし、そこから経験を積ませなければならないからだ。しかし、誰が未来の幹部として有能であるか見抜き、早期に選抜することは容易ではない。

一つの方法は、現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン