/

この記事は会員限定です

(社説)日本企業は人的資本の質向上に創意を

[有料会員限定]

日本の職場が元気を失って久しい。労働生産性は主要7カ国(G7)のなかで最も低く、働く人の仕事に対する熱意を示す「エンゲージメント」指標でも国際比較で下位を低迷する。日本企業は成長力の回復に向け、人的資本を重視した経営にカジを切るときだ。

経済産業省が5月に「人材版伊藤レポート2.0」と題する報告をまとめたのも、従来型の人事システムが制度疲労を起こしているという問題意識からだ。

報告を監修した一橋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン