マスク販売でサイトダウン アクセス集中、攻撃と誤認 シャープなど設備増強を上回る

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オリエンタルランドやファーストリテイリングなど、大手企業の電子商取引(EC)サイトがつながりにくくなる現象が相次いでいる。突発的なアクセス集中でサイバー攻撃と誤認することなどが要因だ。サーバーやデータベースなどを増強する必要があるが、ピークのアクセス量は見積もりにくい。対策にはコストもかかり、顧客満足とのバランスに企業も悩む。

「ただいまアクセスしにくい状態となっております」――。オリエンタルラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]