/

この記事は会員限定です

医学部医学科、男女の合格率格差 改善

受験者数にはなお差

[有料会員限定]

2018年に発覚した不正入試問題を受け各大学で是正が進み、医学部医学科を置く大学の21年度の合格率は女性が男性を0.09ポイント上回った。受験者数では男性が上回る状況が続いており、性別に関係なく働きやすい環境を求める声が上がる。

一連の問題は18年7月、文部科学省の私立大学支援事業を巡る受託収賄事件をきっかけに明らかになった。文科省の調査によると、東京医科大や順天堂大など計10大学で、女性や浪人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません