京大の知的財産 4800件超無償提供  新型コロナ対策研究に

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

京都大学は29日、新型コロナウイルスの感染収束に向け、同大学が保有する特許などの知的財産を無償提供すると発表した。新型コロナに関連した研究開発をする際、4800件超の特許を国内外の企業などが利用できるようになる。京大が強みとするiPS細胞など再生医療関連の知財も含まれており、ワクチンや治療薬の開発での活用が期待できる。

同様の知財活用策は、国内大学では東京工業大学に次いで2例目と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]