大機小機「赤いテープ」を断ち切ろう

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ことし上半期、散々見せられたのが「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」。時機を失し役に立たないことの例えだ。

厚生労働省が先々週リリースしたコロナ対策の接触確認アプリに不具合が見つかり、修正中という。先行した諸国から周回遅れの投入で、この始末。「第二のアベノマスク」の揶揄(やゆ)もある。

感染拡大初期には保健所相談窓口の電話がつながらず、PCR検査件数は遅々として増えなかった。まだ受け取れない人も多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]