/

この記事は会員限定です

(サイバーカオス 解明コンティ・識者に聞く㊦)脆弱性対策、100社に1社

テナブルネットワークセキュリティージャパン 貴島直也氏

[有料会員限定]

――世界最大級のサイバー攻撃集団「コンティ」が狙うコンピューターの脆弱性の修正対応で日本が後れていることが日本経済新聞の調査で判明しました。なぜですか。

「背景として最も深刻なのが危機感がほぼないケース。『1年に1回、脆弱性診断をしているから大丈夫』などと考えている。世界で年間約2万件の脆弱性が見つかっているのに年1回の点検で十分なわけがない」

「ネット接続していない機器も、保守のための回線が外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません