JR四国 一般利用 回復に遅れ 観光需要を喚起へ

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

JR四国の西牧世博社長は29日の記者会見で、鉄道の利用動向について「6月下旬から(もっと)増えると思っていたが、なかなか回復しない」と危機感を示した。19~24日の定期以外の一般利用の運輸取扱収入が前年同期比54%減の2億2500万円。7月に新幹線と組み合わせた割安な商品を発売するなど、観光需要を喚起する。

JR四国の運輸収入は通勤・通学の定期利用のほか、それ以外の一般利用で構成されている。通常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]