/

この記事は会員限定です

都内最長の武蔵小山「パルム」 アーケード街 大規模更新

2階部分も回遊可能に 再開発、タワマン3棟建設

[有料会員限定]

都内最長のアーケードを持つ武蔵小山商店街パルム(東京・品川)で大規模な再開発計画が進んでいる。低層階を商業施設とした3つのタワーマンションがアーケードをまたぐ形で建設される計画だ。アーケードに面した2階部分には現状はない通路が設けられる。再開発で商店街全体を大規模更新し、魅力アップを狙う。

パルムは東急目黒線の武蔵小山駅前から延びる長大なアーケード街を中心とした商店街だ。合計で約800メートルの2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン