/

この記事は会員限定です

メディアリテラシー 養う

信ぴょう性考える授業、中高で増加 情報発信の責任を問う

[有料会員限定]

様々なメディア情報の真偽を見極め取捨選択して活用する力を養う「メディアリテラシー教育」が中学高校で広がってきた。インターネット上でのフェイクニュース横行などもあり、その必要性は一段と高まっている。SNS(交流サイト)などで手軽に情報発信できる環境が広がる中、情報を発信する責任も求められている。

「今の仕事を選んだ理由は?」「現地の人と接していてうれしかったことは?」。6月4日、関西学院千里国際高等...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン