/

若い世代も仲人したい

「お節介おじさん・おばさん」は副業で、オタク向けなど趣味生かす

[有料会員限定]

お見合い相手の紹介から、交際のアドバイスまでお世話した地域の「お節介おじさん・おばさん」。令和の時代になり、そんな縁結び役を若い世代が副業で手掛けるようになっている。自身の趣味や特技、スキルを生かして結婚相談所を開いている。令和の「仲人」の姿とは――。

「サロンのお客さんから『恋愛や婚活に興味はあるが、どうしたらいいかわからない』と相談を受けることが多かったので……」

東京・池袋で「オタクのため...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません