/

この記事は会員限定です

名刺文化もオンライン 対面急減で代替サービス

Sansan、ビデオ会議にQR ウォンテッドリーはアプリで経歴表示

[有料会員限定]

毎年30億枚が交換されるといわれる日本の名刺文化が転機を迎えている。新型コロナウイルスで対面ビジネスが少なくなり、交換の機会が大幅に減った。名刺管理ソフト最大手のSansanは「オンライン名刺」で補完を狙う。若い世代中心にSNS(交流サイト)での代替も広がっている。

東京都内の人材サービス会社で働く30代女性は4月に在宅勤務に移行してから困りごとがある。「ビデオ会議は会話の流れで名前は分かるけれど、肩書までは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン