やさしい経済学新市場を創る企業行動(4)目的主導でなく手段主導 立命館大学准教授 吉田満梨

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

エフェクチュエーションを構成する5つの思考様式には、それぞれユニークな名称が付いています。「手中の鳥」の原則は、所与の目的達成のために必要な手段を求める「目的主導」ではなく、既存の手段を使って新しい行動を生み出す「手段主導」の行為です。

エキスパートの起業家には、彼らが既に手にしている3つの手段、「私は誰か」「何を知っているか」「誰を知っているか」から、「何ができるか」を発想する傾向が見られまし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]