国民年金保険料、免除・猶予が増 コロナ特例、先月末4000件

2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省が29日発表した2019年度の国民年金の保険料納付状況によると、低所得などを理由に保険料の免除や猶予を受けた人は624万人と前年度から10万人増えた。新型コロナウイルスの影響で保険料を免除する特例の承認件数は5月末時点で4022件。免除の拡大は老後に十分な年金を受け取れない低年金の問題につながる。

19年度の国民年金の加入者1453万人のうち保険料の納付者は5割の746万人。免除や猶予…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]