/

この記事は会員限定です

新幹線通過、逆手に町PR

「時刻通り…」車内放送の三河安城駅

[有料会員限定]

三河安城駅、通過するより、ちょっと滞在してみてはいかが――。東海道新幹線でこだましか停車しない同駅(愛知県安城市)は、東京発ののぞみや一部のひかりが通過する際、名古屋駅到着が近いことを知らせる「三河安城駅を時刻通り通過しました」との車内放送が流れることで知られる。市は通過アナウンスされる"切なさ"を逆手に取り、町のPRを図る。

名古屋駅まで約10分となったタイミングで流れる。JR東海によると、直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン