/

この記事は会員限定です

元BC級戦犯遺族ら、補償求め「歩み止めない」

朝鮮半島・台湾から動員、日本国籍失い恩給対象外

[有料会員限定]

第2次大戦で朝鮮半島や台湾などから動員され、敗戦後「日本人」として裁かれた元BC級戦犯の遺族らが補償を求めて活動を続けている。サンフランシスコ平和条約が発効し、日本が独立を回復すると同時に、旧植民地出身者が日本国籍を失って70年余り。恩給や遺族年金の対象外とした日本政府の対応を「不条理」と訴え続け、昨年死去した韓国籍の李鶴来(イ・ハンネ)さんの思いを受け継ぎ「歩みを止めない」と決意を新たにしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン