/

この記事は会員限定です

歴史学者 小和田哲男さん

戦国を現代につなぐ(4)

[有料会員限定]
 静岡大の助教授だった1982年、一つの「事件」が起きる。

駿府公園(現駿府城公園)内に県立美術館を建設するため発掘調査をしたところ、江戸時代の地平面の下から庭園や堀の跡が見つかったのです。調査委員の一人だった私は「これまで謎だった今川氏の館ではないか」と直感しました。

しかし県は事実を公表せず、予定通り美術館の建設を決めます。保存が必要だと言っても「一介の助教授が何を言う」とまったく聞いてもら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン