/

この記事は会員限定です

マリウポリ市長「戦闘員、役割を全う」

ロシアは戦争犯罪を隠蔽

[有料会員限定]

ウクライナ南東部マリウポリのボイチェンコ市長は18日、日本経済新聞の取材にオンラインで応じた。アゾフスターリ製鉄所からの退避が始まったウクライナの戦闘員について「マリウポリだけでなくウクライナ全体を守った」と述べ、役割を全うしたとの認識を示した。2カ月超に及ぶ戦闘の意義を強調した。民間人の犠牲を巡りロシアによる「戦争犯罪の隠蔽」を非難した。(関連記事総合2面に

マリウポリでは市街地をロシア軍が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン