/

この記事は会員限定です

マリウポリ「完全制圧」か

製鉄所兵士959人投降 ロシア、兵力再配置に遅れ

[有料会員限定]

ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリの製鉄所からウクライナ兵が退避し、ロシア国防省によると18日までに959人が投降した。ロシアは2カ月超に及んだマリウポリでの戦闘を終え、同地の「完全制圧」を達成したもようだが、抵抗で足止めされた部隊は東部戦線への再配置が遅れた。今後は捕虜の交換が実現するかが焦点となる。(1面参照

マリウポリはロシアが一方的に併合したクリミア半島と東部の親ロ派地域を結ぶ要衝で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン