/

この記事は会員限定です

ウォルマート、苦渋の値上げ

強まる節約志向「インフレ強者」岐路に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】低価格を武器に「インフレ下での強さ」を自負してきた米小売り大手ウォルマートが岐路に立っている。2022年2~4月期決算は市場予想を下回る減益となり、想定外の業績悪化を受けて株価も急落した。収益改善へ一定の値上げに踏み切る方針だが、消費者が節約志向を高めるなか、難しいかじ取りが求められる。

「米国のインフレ率がこれほど高まり、食品と一般雑貨の両方で(物価高が)早く進むの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン