/

この記事は会員限定です

通信妨害、ミサイル回避 「電子戦」部隊新設へ

来春自衛隊に 離島防衛の能力向上

[有料会員限定]

防衛省は電波や赤外線など電磁波を使って相手の通信機器やレーダーを妨害して攻撃を防ぐ「電子戦」に関し、2021年春に陸上自衛隊で80人規模の専門部隊を創設する。健軍駐屯地(熊本市)に配置し、南西諸島などでの離島防衛能力を高める。専門人材の育成も強化する。

電子戦は相手の電磁波利用を妨げるとともに自国の電磁波利用を防護し、作戦全体を優位に進める狙いがある。特に離島侵攻は陸上の作戦と異なり、陸海空の様々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン