/

この記事は会員限定です

開業医加入国保、後発薬を敬遠

46都道府県で平均割れ

[有料会員限定]

開業医が加入する医師国民健康保険組合(医師国保)で、後発医薬品(ジェネリック)の使用率が低調となっている。沖縄を除く46都道府県の使用率は企業健保などを含む全体平均(74.9%、2019年9月時点)を下回る。政府は後発薬の利用を促すが、開業医らが治療を受ける際に後発薬の処方を避けている可能性がある。

後発薬は特許が切れた薬と同成分で値段が安い。普及すれば医療費抑制が期待でき、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン