希少金属 コロナ禍で高値 主産地の南ア、供給不安

2020/6/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

流通量は少ないがスマホ向け電子部品などの製造に欠かせない希少な貴金属が高値圏で推移している。イリジウムの国際価格は過去最高値となり、ルテニウムも約1年ぶりの高値水準だ。新型コロナウイルスの影響で、産出量の9割を占める南アフリカで供給が一時不安定化したためだ。

イリジウムやルテニウムはプラチナ(白金)鉱山の副産物だが、年間生産量はイリジウムで7トン、ルテニウムで30トン。200トンの白金に比べ大幅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]