治験、在宅で問診・計測
シミックなど、リモート活用 新薬開発期間も短く

2020/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新薬の臨床試験(治験)を遠隔で行う「在宅治験」が広がりそうだ。患者らが自宅で薬を服用し、医師が遠隔で問診したりデータを集めたりする。従来は通院し、院内で投薬や検査をしていた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐとともに、新薬開発の期間短縮やコスト低減も狙う。

治験受託大手シミックグループとスタートアップのMICIN(マイシン、東京・千代田)は在宅治験を実現する「バーチャル治験システム」の提供を始め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]