不良債権処理費用、国内5大銀1.2兆円 今期

2020/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で日本の金融機関も費用が膨らむ。5大銀行グループは2021年3月期に約1.2兆円の不良債権処理費用を見込む。感染の第2波が生じれば追加も避けられない。金融庁は特に制限を出していないものの、各グループは株主還元の拡大には慎重だ。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など5大グループが5月の決算発表時に見積もった不良債権処理費用の合計は前期比9割増で、リーマン危機が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]