/

この記事は会員限定です

保育仲介、安全確保に苦慮 続くシッター逮捕

質の担保模索、事業者の責任どこまで

[有料会員限定]

ベビーシッターと利用者をネット上で仲介する「マッチング型」の保育サービスでトラブルが相次いでいる。大手のキッズライン(東京・港)では、シッターが保育中に強制わいせつをした疑いで逮捕される事件が続いた。トラブル発生時の対応は運営事業者によって異なる。事業者がどこまで責任を負うのか議論も残る。

発端は4月。キッズラインに登録するシッターの男が、保育中の男児に強制わいせつをした疑いで逮捕された。利用者に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1647文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン