/

この記事は会員限定です

社会保障、財源論先送り 全世代会議が中間整理

子育て支援、具体策欠く 「勤労者皆保険」調整難航も

[有料会員限定]

政府は17日、有識者による全世代型社会保障構築会議(清家篤座長)を開き、中間整理を公表した。子育て支援を充実させる方針を盛り込んだが、財源論で踏み込んだ表現を避けた。現役世代に偏る負担と高齢者中心の給付を見直す改革は具体像がまだ見えない。議論は夏の参院選後に本格化する見通しだ。

岸田文雄首相は「政府として足元の課題からスピード感を持って取り組むとともに、中長期的な課題についても具体的な改革事項を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン