/

この記事は会員限定です

スイープ、文書をデジタル保存

AIで分類、迅速検索

[有料会員限定]

請求書処理ソフトを手掛けるsweeep(スイープ、東京・渋谷)はビジネス文書を電子帳簿として保存するサービスを始める。人工知能(AI)で分類し、書類を素早く検索できるようにする。電子帳簿保存法の改正に対応し、2023年末までに3000社に導入してもらう目標だ。

サービスは「sweeep Box(スイープボックス)」。オンラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン