/

この記事は会員限定です

車、サイバー人材確保課題

セキュリティー対策義務に メーカーの責任増す

[有料会員限定]

コネクテッドカー(つながる車)や自動運転の普及を受け、サイバー攻撃への備えが急務になっている。国連欧州経済委員会(ECE)は25日、自動車にサイバー攻撃対策を義務付ける基準を採択したと発表した。日本では2022年にも適用される見通し。運転中の車の「乗っ取り」などの防止に向け、自動車各社もセキュリティー人材の確保などが課題となる。

基準はECEの下部組織である「自動車基準調和世界フォーラム(WP2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン