/

この記事は会員限定です

日本バレー再始動(上)攻めのサーブで飛躍

女子、パリではメダル狙う

[有料会員限定]

2024年パリ五輪を目指すバレーボールの日本代表が本格始動した。昨夏の東京五輪で1次リーグ敗退に終わった女子は、銅メダルを獲得した12年ロンドン五輪などを率いた真鍋政義氏が5年ぶりに監督に復帰。最優先課題にサーブ改善を挙げ、「パリまで期間は短いが、メダルに挑戦したい。世界と同じ事をしていても勝てないので、日本の良さを前面に出したい」と急ピッチで再建を進める。

「解説の仕事で五輪の試合をコート横か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン