/

この記事は会員限定です

都市と生物(7)

オオタカ、街で再び王者に

[有料会員限定]

森に住み生態系の頂点に君臨するオオタカは両翼1メートルを超える体で大空を飛び回る。上空からカモやウサギなどを見つけると時速100キロを超える猛スピードで急降下。狙った獲物は見逃さない。

すみかとする森が都市開発によって荒れ果て、1980年代には500羽以下に激減した。絶滅の恐れから93年に保護対象となった。その後、2008年の推計では少なくとも5000羽以上に回復。17年に希少種の指定から外れた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン