<経済論壇から>コロナで雇用はどう変わるか
慶応義塾大学教授 土居丈朗

2020/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は雇用に大きな影響を与えた。4月の緊急事態宣言下で、完全失業率は2.6%と微増だったが、休業者が597万人と就業者の約9%に達した。休業者の状態について考察するのは、慶応義塾大学教授の太田聰一氏(週刊東洋経済6月13日号)である。休業者の急増は、緊急事態宣言解除後の顧客回復に備えて労働力を確保するニーズがあるからとみる。また、多くの失業者を発生させないため、雇用調整助…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]