/

この記事は会員限定です

高校生就活の複数応募 和歌山県、初年度利用4%

準備期間短すぎ?

[有料会員限定]

高校生の就職活動の選択の幅を広げようと複数企業に応募できるようにした和歌山県で、1年目の2021年度に制度を利用した生徒は59人と、就職希望者全体の4%程にとどまったことが分かった。全国のほとんどの都道府県の高校生は初回の応募時に1人1社しか選べない。和歌山では履歴書作成や面接練習の負担増加が敬遠されたとみられる。

県教育庁は「利用者の満足度は高かった」と分析、22年度も複数応募を呼びかける考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン