米銀、貸倒損失最大74兆円
FRB、コロナ影響試算 配当・自社株買いを制限

2020/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)は25日、米大手34銀行の健全性審査(ストレステスト)の結果を公表し、新型コロナウイルスによる景気悪化で貸倒損失が最大7000億ドル(約74兆円)に達する可能性があると懸念した。一部の銀行は自己資本比率が最低水準に迫りかねず、FRBは配当制限などの措置を発動した。

FRBは金融危機の再来を防ぐため、深刻な景気後退に陥ったと仮定して、銀行の自己資本や手元資金がどれだけ維持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]