リモートや検温で対策

2020/6/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスは株主総会の風景を一変させた。感染防止のため会場は厳戒モード。富士フイルムホールディングスは入り口付近にサーモグラフィーカメラを設置し、熱がある株主の入場を断る場合があるとしている。スズキは会場への送迎バスの運行を取りやめ、受付で来場者に体温を測ってもらった。

三菱電機は株主向けにこの日の総会の様子をライブ配信した。同社サイト上でIDとパスワードを入力するとリモート視聴できる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]