関電、株主の不信根深く 総会、金品受領問題へ批判続々

2020/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力は25日、役員らによる金品受領問題が発覚してから初めての定時株主総会を開き、指名委員会等設置会社への移行や、新会長に内定していた榊原定征前経団連会長を取締役に迎える人事案の承認を得た。ただ株主の不信感や疑念は深く、「内向き体質」からの脱却が問われている。

総会では金品受領問題への批判が相次いだ。再発防止策を尋ねる質問に、森本孝社長は「外部の客観的な視点を重視する仕組みを整え、一人ひとりの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]