/

この記事は会員限定です

中国医薬集団、UAEでワクチン治験

対コロナ、実用化急ぐ

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】中国の国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)は開発中の新型コロナウイルス向けワクチンで、アラブ首長国連邦(UAE)で第3期の臨床試験を実施する。中国は他国に比べて新規感染者を抑えており、感染者が増えている国外で試験を進める。同ワクチンは世界的に開発競争が激化しており、中国はいち早い実用化を目指す。

シノファーム傘下の中国生物技術がUAEの衛生当局から臨床試験の承認を得たと発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン