/

この記事は会員限定です

円安に揺れる日本経済(中) 高まるインフレ「体感速度」

塩路悦朗・一橋大学教授

[有料会員限定]

2021年度後半から世界各国でインフレが社会問題として急浮上してきた。米国では22年3月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で8.5%という高い伸び率を記録した。米連邦準備理事会(FRB)は3月に0.25%、5月に0.5%の利上げに踏み切った。金融引き締め傾向は今後も続くと予想される。

このため米景気はまだ力強いものの、今後は冷え込みに向かう可能性がある。一方、一連の政策はインフレを抑え込むに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン