/

この記事は会員限定です

女子野球で町おこし

埼玉・加須、日本酒製造で連携 地域貢献で競技普及

[有料会員限定]

女子野球で町おこしはいかが――。全日本女子野球連盟がこんな思いで一昨年に始めたのが「女子野球タウン」事業だ。認定された自治体は現在、全国で10を数える。

4月中旬、「認定第1号」の埼玉県加須市では地元蔵元が昨秋の全国大会準優勝の強豪、平成国際大と協力して製造した日本酒の販売を開始した。選手が田植えや稲刈りを手伝い、さらにラベルのデザイン、宣伝まで参加。反響は大きく、数週間で約400本が売れた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン